働くゆとりオンナの関心ゴト

どこにでもいる普通の29歳♀です。子1人、共働き、時短勤務の生活です。

夫婦円満に名付けをするには?我が家の名付け方法の紹介

子どもへの初めてのプレゼント「名前」

どうやって決める予定ですか?一生使うことになるので、納得する名前をつけてあげたいですよね。名付けを巡って、夫婦はたまた両親を含め喧嘩になったという話もよく聞きます。

私たち夫婦は、そこそこ円満に名付けが出来たのではないかと思っています。そこで今回は私たちが名付けに至った方法をご紹介したいと思います。

 

決定権は旦那に

私たち夫婦の場合、旦那が「オレが名付けをしたい」と言い出しました。私は、変な名前をつける人ではないと信頼をしていましたし、旦那が名付けをすることで妊娠・出産というライフイベントに参加する意味もあると思ったので、主導権は旦那に持ってもらうことにしました。女性はお腹が大きくなり体の変化が産まれることで、必然的にこれから産まれてくる子どものことを考える時間が増えますが、男性はそうではないのです。名付けを通していっぱい子どものことを考えて欲しいと思いました。

 

親には相談しない、事後報告 

両親の巻き込み方は難しいです。両親側の意向もあります。私たちの場合は「名前は自分たちで決めます。決めたら報告します。出生届を出す前には伝えます(どうしてもダメな場合は変更の余地あり)」と、かなり早めの段階で伝えていました。せっかく自分たちで気に入った名前が、両親の意向でNGになってしまったら嫌です。事前に伝えていたことで、親から名前候補が送られてくるようなこともありませんでしたし、いざこざが発生することもなくスムーズに進みました。

 

NG名前リストを作成

私が「つけたくない名前リスト」を作成しました。旦那が検討するにあたって、私が反対しうる名前は事前に排除しておくためです。具体的には以下のような名前を数十個ピックアップしてリストを渡しました。

  • 親戚の名前
  • 近しい友人(今後も交流がある)及びその子どもの名前
  • 嫌いな友人、知り合いの名前

 

気にするポイントの擦り合わせ

決定権は旦那とはいえ、私の中でもこうしたい、ああしたいというのはあります。そのため、夫婦の間で名付けにあたって気にするポイントを摺り合わせておきました。具体的には以下のようなイメージです。

  • 名字が平凡なため、他の子と被らなそうな名前にする
  • 誰が見ても読める「漢字とよみ」にする
  • 画数、姓名判断も気にして名前をつける
  • 出来れば2文字の名前
  • 日本人でない人でも呼びやすい名前にする

これをしておくことで、最後に名前を決める際に「この名前は画数はいいけど、名前ランキングに入ってるから被りそうだね〜」など、建設的に話し合うことができました。

 

出産前に候補を3つ絞る

出産後は時間がないので、名付けブックも参考に(旦那が)名前の候補を3つに絞りました。「受け入れられない名前があればこの時点で伝えて欲しい」と言われてましたが、満足!産まれてきたら、顔も見て、この中から決めようとしました。

 

名前を絞るにあたっては、苗字と相性の良い画数をリストアップしました。(名前の画数は9文字+12文字、5文字+13文字など…)その上で、名付けブックを参考に、その画数が当てはまる漢字を見ながら、こんな名前はどうだろう?と連想していきました。

 

出産後、名前の決定

無事出産後、夫婦で話し合い、第一候補の名前でいこうとなりました。その後、両親にも報告しOKをもらい、出生届に記入。無事、円満に名前をつけることができました。

 

名付けは、親の自由。だからこそ、責任が伴うと思います。何でもありだからこそ、どうやって決めていくか難しいですよね。ましてや、キラキラネームが騒がれる昨今ですから。

 

今回は、呼びやすさ、漢字の意味、画数など全て納得のいく名前がつけられたので満足です。将来、子どもに名前の由来を聞かれたとしても自信を持って説明できると思ってます。これから、名前をつける方の参考になれば幸いです。