働くゆとりオンナの関心ゴト

どこにでもいる普通の29歳♀です。子1人、共働き、時短勤務の生活です。

【実体験】私の里帰り出産滞在記〜期間やお礼など〜

出産に当たって里帰りをするか否か迷っていますか?

 

私は娘を産むに当たって里帰りをしていました。

良かったこと、悪かったことありますので、忘れないうちに体験記をご紹介します。

 

里帰り出産体験記の目次

  • 里帰り期間
  • 両親へのお礼
  • 滞在中の夫との関わり方
  • 滞在中のお見舞い対応(義実家含む)

 

里帰り期間 

予定日1週間前から生後1ヶ月半

私の実家は、自宅から2駅、車で約20分程のところにあります。通院していた産院は、ちょうど自宅と実家の間。実家に帰ることは、里帰りというほどの距離ではないですが、初産であったため、産前産後ともにお世話になることにしました。

産前、正式に実家に帰った(寝泊まりをした)のは予定日1週間前。それまでも、産休中はちょくちょく実家に出入りしていました、何しろ近かったもので。さすがに予定日1週間前、いつ陣痛が来てもおかしくない状況の中、私が1人で自宅にいることを心配した主人が実家への里帰りを後押し。実家に帰る前日の夜、主人とベッドで寝ている時に「次にこのベッドに帰ってくる時は、家族が増えているんだろうな。2人で寝ることはもうないんだな。」と若干、切ない想いに駆られました。実家が遠い場合は、遅くとも正産期には帰っていた方が安心かな、と思います。

 

産後は、なんだかんだ1ヶ月半滞在をしてしまいました。当初は1ヶ月程度の予定だったのですが、産院の一ヶ月検診のスケジュールが後ろ倒しになり1ヶ月半頃に行われ、ちょうどその頃にお宮参りも予定していたためです。1ヶ月半程たつと、自身の体もだいぶ回復しますし、子どもの扱いも慣れてくる(決して楽になる訳ではない!)為、滞在期間としては適切だったと思います。

 

両親へのお礼

出産前に和料亭ランチへご招待

滞在でお世話になる両親へ何かお礼がしたいなと思っていましたが、お金を渡すのもアレだな...と思い、食事に招待しました。予定日2週間程前、主人と私の両親で、自宅近くの和料亭でランチを食べました。両親が好きな食べ物などあれば、プレゼントを渡すのもいいかなと思いました。

 

滞在中の夫の関わり方 

土日祝は私の実家に来訪

私の主人は娘の誕生が嬉しいのか、マメなのか、休みの日は毎日、毎日、病院および私の実家に通ってくれました。大体お昼過ぎにきて、夕ご飯を食べて帰るという日課に。里帰り出産のデメリットに、旦那と子育てをする意識が低くなる、と言われることがありますが、主人が実家に来てくれていたおかげで、そう感じることはありませんでした!

 

滞在中のお見舞い対応

義実家編

退院後、義母が2度ほど来訪しました。仲は良くも悪くもなく、至って普通の関係ですが、やはり孫には会いたいのでは?私の実家に行きたいとは言いにくいだろうな?と思い、私から主人を通して声を掛けをしました。2度とも、手みやげとともにご来訪、30分〜1時間程度 滞在をし、さっと帰宅をしてくれました。長居をしない、心遣いに感謝感謝でした。

 

親戚編

父方の親戚(県外在住)のご一行様が産後3週間頃にお見舞いに来ました。祖母、叔父叔母等、総勢5名でゾロゾロと…昼過ぎに来ればいいものを、ちょうど昼前に到着するように来訪。おもてなし(昼食)の準備に迫られた私の母親が、気遣いのなさに対してイライラを募らせていました。産後のお見舞いは、少人数で、食事時を避けて、短時間の滞在が基本ですね。子どもに会えるのは嬉しいと思いますが、産後の母親の体は想像以上に疲労困憊ですから。

 

友人編

自宅近くに住んでいる地元の友人を中心に土日に来てもらいました。みんな手みやげを持ってきてくれるので、その手みやげを次の友人の来訪時にお茶菓子として出していました。特に退院直後のお見舞いは、少人数で昼間に短時間滞在だと嬉しかったです。子どもが寝ていると「チャンス!私も今のうちに昼寝をしないと…」くらいに思っていたので。

 

最後に、実母は私の身の回りのお世話をしてくれ、育児に関しても適度にサポートをしてくれ(余計な口出し等せずに)、非常に助かりました。久しぶりの実家滞在で疲れさせてしまったところもあると思いますが、それ以上に娘(初孫)をかわいがってくれていたので、それも嬉しかったです。

 

ただただ、実祖母に関しては、この滞在を機に嫌悪感を増すことになってしまいました。それはこちらで。

 

diarymakeawish.hatenadiary.jp

 

-----

ここまで読んでいただきありがとうございます!

よければ読者登録をしてもらえると喜びます♪