ゆとり世代の申し子。資産運用、子育て、英語に興味がありがち。

純ジャパ、どうにかTOIEC950点、海外営業担当で悪戦苦闘。海外営業担当者が仕事で使える英文ビジネスメールを絶賛勉強中(紹介中)です。

「返事が遅れてごめん」を英語のメールで書くと…ニュアンスの違いは?

こんにちは、働くゆとりです。

毎日英語メールを作成するのですが、よく使うのが「返事が遅れてごめん」というフレーズです(仕事が遅いのがバレますね…)

 

英語には敬語がないと言われますが、丁寧な言い方は存在します。いくつか言い回しがあるので、相手先や場合によって使い分けられたら良いと思います。微妙にニュアンスが異なるので、私がどのような場面で使っているかを合わせて紹介します。

 

◆最も基本的なフレーズ

I'm sorry for the late reply.

Sorry for my late reply.

こちらは最もベーシックな表現です。

私は日常的にメールのやり取りをする取引先への返信が遅れてしまった場合に使います。対等な関係の相手に使う場合には、これで問題ないと思います。

 

◆Delayという単語を使う場合

Sorry for the delayed response.

I am sorry for the delay in my response.

こちらも同様にベーシックな表現と言えるでしょう。同じ単語を何度も使うのはスマートな表現ではないため、上の表現を言い換えたい場合などに使っています。

 

◆やや丁寧に「謝罪」する場合 

My apologies for the late response.

I apologies for taking so long to get back to you.

「Apology」という単語を使うと少し丁寧な表現になります。日本語で言うと「ごめんなさい」が「謝罪」になるようなイメージです。営業場面や取引先の上司が宛先の場合などは、この表現を使うようにしています。また、フランクな相手でも重要なミスを犯してしまった場合などは、Apologyを使うのが適切でしょう。「大変申し訳ございません」と誇張する場合は、I sincerly apologies〜と表現することもできます。

 

◆少しオシャレ?に伝える場合

I am sorry that I could not get back to you sooner.

直訳すると「より早く返事をしなくてごめんね」という表現になります。日本語に直すと遠回りな表現となりますが、soonerという単語を使うことで少し小洒落たイメージです(あくまで私の所感…)

 

ビジネスの場面において英語のメールを書く人には参考になる表現かと思います。場面や相手によって使い分けてみてください。

 

※私もまだまだ勉強中の身です。誤記や違った解説がされていましたら、お手数ですがコメントよりお知らせをいただけますと助かります。