ゆとり世代の申し子。資産運用、子育て、英語に興味がありがち。

純ジャパ、どうにかTOIEC950点、海外営業担当で悪戦苦闘。海外営業担当者が仕事で使える英文ビジネスメールを絶賛勉強中(紹介中)です。

英語のビジネスメールで使われる「略語」TBDやCOBは何を表す?

こんにちは、ゆとりです。

今の部署に移動して、メールのやりとりが全て英語になりました。その中で、初めのうち戸惑ったのは、突如現れる英語の略語!この単語何だろ?と調べることが何度もありました。

今回はビジネスシーンの英語メールでよく使われる英語の略語表現について備忘ながらまとめたいと思います。

 

◆一般用語かつビジネスシーンでもよく見かける用語

BTW(=By the way)

「ところで」という表現ですね。普段やりとりをしている取引先の人に対してよく使うことがあります。ビジネスシーンだけでなく、一般的なやりとりの中でも見かける表現してだとおもいます。ただし、目上の人に対してや、初めての取引先など重要人物に送るのは控えたほうがよいでしょう。個人的には、略すまでもなくby the wayと書きますが。

 

FYI(=For your information)

「参考までに」という表現です。こちらもビジネスシーン以外でも見かける表現です。メールの文頭に見かけることはなく、本題についての記述があったのちに、FYI〜という形で情報を付加する際に使います。

 

◆ビジネスシーンにおいてよく見かける略語

TBD(=To be decided)

「まだ未定」という表現です。私はこれは本当によく使います。例えば、お客様への提案書の中に納期を盛り込みたい場合。詳細な仕様が決まっておらず、納期算定できない場合には納期の欄に「Leadtime:TBD」と記載します。使い勝手が良いですね。

 

BAFO(=Best And Final Offer)

「最終提案価格」という表現です。これは海外営業あるある、かもしれないです。お客様へ何度も価格提案をしている中で、あるとき「BAFOを出してください」と言われることがあるとおもいます。それは最も競争力のある最終的な価格を教えてください、というサインです。これがくると緊張します。

 

COB(=Close of Business)

「終業時間」という表現です。私がこの表現を初めて見たのは、見積もりの依頼をされた時でした。この見積もりは17日のCOBまでに返事をください、と言われ「?」という感じだったのですが、17日の営業時間中に連絡ください、ってことでした。

 

 

実は私が常日毎やりとりしているのはインドや東南アジアの人が多いです。習慣なのか分からないですが、略語や主語を抜かした表現を使うことが多くあり、本当に要件のみしか書かれていないメールも多数… 今後、ますます略語ストックが増えると思うので、記事も更新していきます。